器の扱い方とお手入れ方法について

陶器の取り扱い

[ 使い始め ]

陶器は900度から1200度の高温で焼成されています。
土が粗く吸水性が高いため、そのまま使用すると醤油や、食べ物の水分、油分を吸い取ってしまいます。

はじめて使う前には目止めをすることをお勧めします。
お米のとぎ汁で煮沸することで素地の粒子間の隙間や釉薬の貫入(釉薬に生ずるヒビ状のもの、キズではありません)などの
目が詰まって、料理の水分や油分が浸透しにくくなり、汚れや臭いの原因を防ぎます。
①器と器全体が浸かる量の米のとぎ汁を鍋に入れます
②15~20分ほど弱火で煮沸します
③鍋ごと冷まし、よく洗い、充分に乾燥させます。

目止めが難しい場合は、使いはじめはたっぷりのお水に半日から一日くらい浸して、水分をふき取ってからご使用ください。

[ 使うたびに ]

お料理を盛りつけする前に、あたたかい食べ物を盛り付けるときには、ぬるま湯を
冷たいお料理を盛り付けるときには、冷たい水をくぐらせてください。
醤油や油分がしみにくくなると共に、温かいお料理は温かいままに、
冷たいお料理は冷たいまま美味しくいただくことができます。

使うたびにしっとりとした肌合いになり、経年変化をお愉しみいただけます。

[ お手入れ ]

柔らかいスポンジと中性洗剤で洗っていただくことができます。
水分を含んだまましまうとカビや臭いの原因となります。

[ しまう時は ]

長期間戸棚にしまう際は、しっかりと乾燥させてから収納してください。

[ 貫入(かんにゅう)について ]

素地と釉薬 (うわぐすり) の膨張率の差などによって、陶磁器の釉に細かいヒビの入った状態を貫入と呼びます。
陶器独特の景色としてお愉しみください。

[ 汚れや臭いがついたときは ]

茶渋などが使用していくうちについてしまうことがあります。うつわに少しずつ馴染んでいきますが臭いが気になるときは、重曹水に半日から一日つけてから乾燥させると、臭いがとれることがあります。

[ 電子レンジ、食器洗浄機、オーブン ]

電子レンジ、食器洗浄機、オーブンにはご使用にならないでください。

磁器の取り扱い

磁器は、陶石と呼ばれる原料からできています。
1300度から1400度の高温で焼成されています。
吸水性が少なく、扱いのし易いうつわです。

[ 使い始め ]

使い始めは中性洗剤とやわらかいスポンジで洗ってからご使用ください。

[ 使うたびに ]

お料理を盛りつけする前に、あたたかい食べ物を盛り付けるときには、ぬるま湯を
冷たいお料理を盛り付けるときには、冷たい水をくぐらせてください。
温かいお料理は温かいままに、冷たいお料理は冷たいまま美味しくいただくことができます。

[ お手入れ ]

柔らかいスポンジと中性洗剤で洗っていただくことができます。
水分を含んだまましまうとカビや臭いの原因となります。

[ しまう時は ]

長期間戸棚にしまう際は、しっかりと乾燥させてから収納してください。

[ 貫入(かんにゅう)について ]

素地と釉薬 (うわぐすり) の膨張率の差などによって、磁器の釉に細かいヒビの入った状態を貫入と呼びます。
焼物独特の景色としてお愉しみください。

[ 汚れがついたときは ]

茶渋などが使用していくうちについてしまうことがあります。
磁器であれば食器用漂白剤につけて汚れを落とし、お湯できれいに洗い流すことができます。
ただし金彩、銀彩、色絵ものなどは色落ちしてしまうこともあるので、漂白剤の使用は避けたほうが無難です。

[ 電子レンジ、食器洗浄機、オーブン ]

磁器は、電子レンジ、食器洗浄機にご使用いただけます。ただし、金彩、銀彩のものは色が落ちてしまうことがあるので使用しないでください。耐熱ではないためオーブンの使用はご遠慮ください。